モロコ釣り

モロコ釣りでの竿、ピトンのセッティングなどをご紹介します。

1.竿、ピトンのセッティング

ピトン、前受けのセッティングは完璧でないと怪我、バラシの元になります。特に、ピトンは抜けてしまったら大怪我の元です。尻手ロープもしっかりとセッティングしてください。餌はサバやソーダを使いますが、針先を出して置く事が重要です。

2.モロコとの一騎打ち

剛竿が海面に突きる程のモロコのパワー。関東モロコ会の殆どのメンバーは豪快なポンピングでモロコを浮かせてしまいますが、一人で竿を起こす事もままならない磯の帝王「モロコ」ですから、同行者に肩入れして貰った方が無難です。

3.取り込み

モロコを水面に浮かせ、充分に空気を吸わせると、磯の帝王「モロコ」と云えどもギブアップ。稀に急反転し、突っ込むことがあり要注意ですが、ギャフをモロコの口に打ち込み、磯に引上ます。

関東モロコ会は精鋭揃いですから、殆どのメンバーはモロコとのやり取りを一人で行ってしまいますが、これは、あくまでも例外中の例外です。先ずは、モロコ釣りに精通している方と同行し、竿やピトンのセッティング、餌付け、コマセの入れ方等を伝授して貰う事がモロコへの近道です。